オカリ
ライターランク
YELLOW

オカリ

みかん好きです。今期個人消費量は30kg超。
作風は「万人受けかつ唯一無二」を目指します。
第2回ゲーム小説で『卒論』が読者賞、ひと駅Novelで『ハチ公』が優秀賞、怪人IPコンで『怪視病』が佳作、トリプルコラボで『稲荷さま』が最優秀賞を頂きました!
現在は『メテオシスター』を連載中です!!

  • ファン
    68

オカリが執筆したゲーム小説一覧

全16件中 1~16件を表示

  1. 制作秘話のフルコース

    制作秘話のフルコース

    受賞4作、最終選考2作、予選通過1作などの裏話2021年11月より投稿を始め、2023年8月までの投稿数は(本作含め)16作。うちコンテスト受賞作や最終候補だった作品を中心にフルコース形式でご紹介。動画共有NGの裏話や分析データ、当時の心境などを集めました。お好みの品から、どうぞ召し上がってください。 ※隠し味として、ペンネーム「オカリ」の由来をエッグ・ハント的に混入させる予定です。もし見つけても他言無用でお願い致します。

    エッセイ

    • 47,392Tap
    • 14
    • 176
    サウンドギフト
  2. 人型対話AIは一家団欒ができるか

    人型対話AIは一家団欒ができるか

    実際に対話型AIの反応を参考にしました事故で植物状態だった息子、豹太が目覚めた。しかし中身は違う。ブレイン・マシン・インターフェースで電気的に制御された思考や感情は、全て対話AIによる言動だ。医者いわく「本来の行動を再現すれば、刺激となって人格が戻るかもしれない」とのこと。父、母、妹は記憶を頼りにAIに学習させようと試みるが……なぜか全員食い違っていて?認識と齟齬のブラックコメディ。 ※一部、対話型AIの実際の反応を参考にしました

    コメディ

    • 22,637Tap
    • 3
    • 28
    サウンド
  3. 初恋バックアップ!

    初恋バックアップ!

    娘の初恋を一家総出で過干渉(おうえん)「娘が恋に落ちちゃった!」意中の相手は通りすがり、お人好しの高校生。しかもどうやらヒロイン多く、ツンデレ、義妹、お嬢様。脇を固めるラブコメ布陣。対する娘は一目惚れ、面識なしの一方通行。恋の駆け引き以前の問題。だから家族で立ち向かう。1人がダメなら全員で。彼の関心を掴むため、一家全員参戦だ! ただし唯一弱点が。パパもママも弟も、まともな恋愛経験まるでなし。かくして始まる、初恋バックアップ!

    恋愛

    • 27,816Tap
    • 3
    • 26
    サウンド
  4. 原液のサカズキ

    原液のサカズキ

    父の意志を継ぎ、少女はカタギに邁進す──呉大組三代目組長、呉大武郎。酔狂と任侠に殉じた漢は、敵対組織『蜀龍会』の凶弾に倒れた。彼の遺言通り呉大組は解散。仇討ちも復讐もない。だがその生き様は──1人の娘に引き継がれた。 極道改めカタギ道、血縁なくとも盃縁あり。ただのJKと侮るなかれ。父親譲りのその胆力、無法者どもなんのその。身内に手を出しゃ烈火の如く、暴力以外でぶちかます。ハゲと犬とモヒカンと共に、呉大かなめ推して参る!

    ヒューマン

    • 24,870Tap
    • 4
    • 26
    サウンド
  5. 匿名の境界線

    匿名の境界線

    『マスゴミ』から始まる新人記者の奮闘記入社2年目、新人記者の高野ユキは岐路に立っていた。自身の書いた「高齢者の暴走運転」に関する記事が、加害者を匿名にしたことで大炎上したのだ。スマホを開けば目に入る罵詈雑言。身も心も疲れ果て、仕事の意義すら見失ったさなか。慌ただしい説明会(レク)とともに、ユキはある取材に直面する。それは奇しくも、全く似た状況の交通事故だったーーーとある新人記者の挫折と再起の物語。

    職業

    • 27,412Tap
    • 4
    • 35
    サウンド
  6. 天翔ける稲荷さま

    天翔ける稲荷さま

    稲荷神と小僧が作る、最高のペットボトルロケット豊作、必勝、病魔退散。あらゆる願いにご対応、万能神こと稲荷さま。けれど今日の参拝客は、年端も行かぬ小さな子供。ポケットから財布をむんずと掴み、賽銭ばら撒きこう言った。 「日本一のペットボトルロケットを作らせてください!」 はてさて困った稲荷さま。ぺっとぼとるろけっと、なんぞそれ。知らぬ存ぜぬ訳わからぬ。かくして始まる小さな奇跡。神と小僧の共同作業。ロケット制作、はじまりはじまり……

    スポーツ

    • 95,611Tap
    • 19
    • 81
    サウンド
  7. 怪視病

    怪視病

    怪人だらけの世界で見つけた、唯一の人間だった「自分も、他人も。全員バケモノに見えるんです」ーーある患者の悩み。それは人間全てが異形の姿、怪人に見える病気だった。毎朝顔を洗うたび鏡に映るドクロの自分。朝食を用意する炎の母親。気軽に肩を叩く犬顔の友人。道ゆく人々、皆怪人。精神はもう発狂寸前。半ば無意識に両眼を潰そうとした瞬間。行き交う怪人の中に、ニンゲン姿の『彼女』を見つける。だがそれは。ボーイミーツガールの皮を被った、最悪との出会いだった…

    ホラー

    • 65,543Tap
    • 8
    • 50
    サウンド
  8. 極めし蠱道は人の毒

    極めし蠱道は人の毒

    呪法も外法もダイバーシティ!蠱毒(こどく)という儀式がある。蜘蛛や百足、蜂に蛇。毒や害もつ畜生を、百種百匹壺に入れる。餌なく飢えた蟲たちは、やがて互いに喰らい合い、ただ一匹が生き残る。九十九の怨と命を受け継いだ、精強たる生きた毒。敵に一服盛るも良し、あるいは呪法に通ずるならば。式神、使い魔の核として使うこともしばしばーーー それはさておき、時は令和の7月7日。人間が無差別で肉団子にされる、奇妙な連続殺人事件が起きていた。

    バトル

    • 56,099Tap
    • 5
    • 39
    サウンド
  9. 星売りのメテオシスター

    星売りのメテオシスター

    天体観測してたら、実家に隕石が落ちました。西暦2017年、地球から2000万キロ離れた場所。太陽系外から特異な天体『U-1』が飛来した。双曲線軌道を描きながら接近したU-1は不自然な加速のあと、わずかばかり手土産を地球へ落とす。日本で慎ましく暮らす、とある姉妹が住む家に…隕石落下で事態一変。建屋は爆散、重なる不幸。稼ぐ手段はただひとつ。一握の隕石に全てを賭けた、人生最後の大博打!

    ファミリー

    • 178,701Tap
    • 24
    • 348
    サウンド
  10. 優勝したので夫婦漫才!!

    優勝したので夫婦漫才!!

    オール関西弁ハイテンション漫才ラブコメボケる阿呆に見る阿呆!同じアホならツッコまにゃ損損! ついに決勝ラウンドへコマを進めた漫才コンビ「三行半」! 2人が掴むのは栄冠?頂点?それとも優勝!? オール関西弁ハイテンション漫才ラブコメ!どうぞよしなに! ※胸キュン要素はラスト150字に詰めました。 残り1850字はひたすら漫才です。予めご了承ください。

    恋愛

    • 21,205Tap
    • 6
    • 29
  11. 雪道スタック

    雪道スタック

    オッサン・ミーツ・イケメン in ホッカイドウ雪道ドライブ御用心。大雪、豪雪、アイスバーン。根雪溶け出す春先も。いとも容易くタイヤを取られ、キュルリキュルリと空転す。しかし案ずることなかれ。情けは人の為ならず。例えその場は徒労でも。親切心はいつかまた、巡り巡って誰かの元へ…

    ヒューマン

    • 37,908Tap
    • 11
    • 58
  12. おかえり、ハチ公

    おかえり、ハチ公

    戦中に失った、『初代ハチ公像』をめぐるお話1934年4月21日、渋谷駅前は活気を帯びていた。 理由はとある銅像の除幕式。今や渋谷の象徴と言えるハチ公像が、初めて世間の目に触れた日だ。忠犬ハチ公を模したその像は、ハチを知る多くの人々から歓迎された。 ーーだが10年後の1944年、そのハチ公像は消えてなくなる。 期間はわずか10年。 今あるハチ公像より一つ前、『初代ハチ公像』をめぐるお話。

    歴史

    • 10,589Tap
    • 7
    • 25
    サウンド
  13. 超越戦記エフェクター

    超越戦記エフェクター

    タップギア起動、エフェクトオン!ーーエフェクトバトルとは! 現実にエフェクトを投影する複合現実(MR)デバイス 『タップギア』を装着! 「相手に参ったと思わせる演出」で 覇を競う…最新鋭の対戦競技だ! 熱きエフェクター達のエフェクトバトル! 現実を超越する戦いの記録…ここに開幕!  ※新機能のエフェクト確認用に制作。効果使用時の名称等を劇中のセリフにて「」で囲みました。検索時にご活用ください。

    バトル

    • 93,175Tap
    • 19
    • 297
    サウンド
  14. ハチ公の憂鬱

    ハチ公の憂鬱

    とかく人間は騒がしく、あぁ本当に度し難い万物には魂が宿る。使い込んだ道具ならなおのこと。 例えボロボロの鍋だとしても。 ヒトの情や思いを受けながら、100年使えば神となる。 これすなわち付喪神(つくもがみ)。 では“待ち合わせ場所”として使われ続けた、 渋谷駅前にあるハチ公像なら? あらゆる人に囲まれて、何十年も言葉を浴びた犬の銅像。 古鍋が神に成り得る世界なら。 ハチ公像に魂が宿るのも、なんら可笑しいことではないーー

    社会派

    • 155,630Tap
    • 26
    • 109
  15. ホールセール・マーケット!

    ホールセール・マーケット!

    ツリーがどこにもありません“花屋にとっての花屋”こと仲卸会社に勤める桜子は、精神的にパンク寸前だった。クリスマスツリーに使うモミの木が何故か見つからない。市場に全くないのだ。だがいくら説明しても、癇癪持ちの上司は無責任に怒鳴り散らす。「50本、必ず確保しろ!できるまで絶対帰さんぞ!」…パワハラで訴えたら勝てそうな状況。退職の二文字も頭によぎりつつ慟哭する桜子の前に、1人の人物が現れる。 ちょいミステリ風お仕事系経済小説

    職業

    • 16,566Tap
    • 3
    • 37
  16. 卒論提出まで あと14時間

    卒論提出まで あと14時間

    卒論と締切の狭間で、データは飛ぶ卒業論文…略して「卒論」 それは学生の集大成。あらゆる講義の単位を揃えようと 期日までに卒論を提出しなければ留年する。 大学生活最後にして最大の関門。 だがいつだって、締め切り前には魔物がひそむ。 例えばパソコンの更新、ディスク破損、 急な停電、メモリ紛失、プリンタ不調… これは卒論提出前夜にデータ全て吹っ飛んだ とある青年の物語。 卒論提出まで あと14時間

    コメディ

    • 73,334Tap
    • 14
    • 66

ページTOPへ