シリアスのおすすめゲーム小説一覧

  1. Edinburgh

    Edinburgh

    宇野木真帆

    この命尽きようとも「あの選択」に後悔はない。青と緑に彩られたソール国に花は咲かない。 「こんな花びらじゃなくてさ、地に咲く花を見に行こう」 赤の英雄に導かれ、青の騎士がその約束を果たす時、どれほど時間が残されているだろうか。 これは命を懸けて真実へ辿り着こうとする赤と青の物語。 三原色の光が混ざり合う時、世界は新たな姿を彩る。

    ファンタジー

    • 6,852Tap
    • 4
    • 36
  2. 虹架かるセカイは愉快に歌う

    虹架かるセカイは愉快に歌う

    宇野木真帆

    永遠なんて望むもんじゃない。おれを見てみなよ。擦り切れることのない命、変わらない容姿。不老不死。幸か不幸かそんな身体を手に入れてしまった吾妻緋色は、代わりに家族と心からの笑顔を失った。そんな彼に近づく浮世離れした謎の人物。永年を生きるその人物は得体の知れない提案を持ちかけ吾妻緋色を誘う。その誘いに彼が乗る時、世界は”終末”へと導かれていく。迫られる選択の時、その手にあるのは世界か大切なものか。果たして彼が選ぶものとは・・・。

    ミステリー

    • 9,179Tap
    • 12
  3.   死んで異世界に喚ばれた俺、少女と共に旅に出る

    死んで異世界に喚ばれた俺、少女と共に旅に出る

    折原雫史

    異世界を旅する男子高校生転生ファンタジーゲーム小説主人公タケルは、子どもを助けるために、電車のホームに飛び込み死んでしまう。意識を取り戻すと、夢の中で出会った女の子がいた。先程まで駅にいたはずなのに、見渡す限り森。詳しいことを彼女に聞く前に、暗闇からモンスターが現れ戦闘が始まって──。

    ファンタジー

    • 3,265Tap
    • 6
  4. アンノウン/バディ

    アンノウン/バディ

    R・S・ムスカリ

    人と怪人。異色の二人が出逢う時、未知なる恋が始まるある日、渋谷に怪人が現れた。それは奇妙な怪人だった。逃げ惑う群衆を見逃し、一切の破壊活動をせず、ただ迷い子のようにさまよっていた。出動した女刑事が怪人に銃を向けた時──これが二人のファーストコンタクトとなった。未知の出逢い。未知の戦い。そして、未知の恋が始まる。

    恋愛

    • 3,595Tap
    • 5
  5. DOOR

    DOOR

    いぬごや

    目の前には一枚の扉がある。目の前には扉がある。 帰りたいなら扉を開け。 目の前の扉は何も語らない。 見つめたいなら扉を開け。 次の扉を。次の扉を。次を、次を、次をーー。

    SF

    • 3,722Tap
    • 1
    • 12
  6. 始末屋さんはおみとおし

    始末屋さんはおみとおし

    きらそね

    パンドラの匣に残るのは希望か、それとも深淵か――『困り事があればご相談を』――ネット上にときどき現れる”始末屋”。興味本位で手を出せば、すべての闇が暴かれる。

    社会派

    • 1,436Tap
    • 1
    • 7
  7. project_IMG

    project_IMG

    荒木裕都

    愛とは、欲である世界的な感染症蔓延の末に、国家という枠組みが形骸化して、企業が自治体を真似るようになった世界。 テクノロジーにより人の感情が見える化された社会で、少女の逃走劇が始まる。

    SF

    • 789Tap
    • 1
    • 5

ページTOPへ