母、襲来

エピソード

キャラクター

  • 鷲見零
    鷲見零

    息子の健やかな成長を一番に願う、心配性気味な母親。ごく普通……とは少々言い難いが、全ては息子の成長を見守るため。バリトンボイス。

  • ひろし
    ひろし

    一家の大黒柱。子供の成長に口を出すのは母の役目、と自身は温かく見守ることに徹している。が、たまに巻き添えを食らう。なお、修繕費は毎回父が出している。

  • たかし
    たかし

    ごく普通の中学二年生。思春期の少年らしく、構ってくる母親に対してやや反抗期。そのため日常的に思いつく限りの対策を練っているが、今まで一度も成功した試しがない。

  • 先生
    先生

    たかしの担任。度重なる鷲見零の襲来により、もはやあらゆる感覚が麻痺してしまっている。手遅れ。

最初から読む

タップライター

秋月菊花

オフトゥンは至高。 恋愛物だけは一生書ける気がしません。

同じタップライターが執筆したゲーム小説

このゲーム小説が好きな人におすすめ

ページTOPへ