終了
シェアする

第3回TapNovelゲーム小説大賞

結果発表:2022年03月01日 12:00

応募総数:204件

大賞:20万円

  • サンタちゃんはなまけたい!

    サンタちゃんはなまけたい!

    サンタクロースが子どもたちにプレゼントを届けていたのも今や昔。サンタクロースの末裔であるサンタちゃんは政府からの補助金を当てに自堕落な生活を続け、トナカイは気ままな彼女に手を焼く毎日。 そんなある日、突然補助金を打ち切られたサンタちゃんは、一念発起し、みんなにプレゼントを配ることにするが……?

    サンタクロースが子どもたちにプレゼントを届けていたのも今や昔。サンタクロースの末裔であるサンタちゃんは政府からの補助金を当てに自堕落な生活を続け、トナカイは気ままな彼女に手を焼く毎日。 そんなある日、突然補助金を打ち切られたサンタちゃんは、一念発起し、みんなにプレゼントを配ることにするが……?

    ゲーム小説にしかできないものを追求しようとすると、何故かしょーもないギャグコメディを作ってしまいます。 第1回TapNovelゲーム小説大賞「特別賞」、第3回TapNovelゲーム小説大賞「大賞」受賞。 公式タップライターとしての作品を鋭意製作中です。

特別賞:5万円

  • 妹は最期に何を望んだか?

    妹は最期に何を望んだか?

    クリスマス前に浩司の元に届いたメール。 それは1年半前、14歳の時に病気で亡くなった妹からのものだった。 彼女は生前、「16歳のクリスマスに欲しいプレゼントがある」と言っていた。 今年がその「16歳のクリスマス」に当たるのだ。 約束を守って欲しいという妹のメールに、浩司と幼なじみの美月は応えられるのか?

    クリスマス前に浩司の元に届いたメール。 それは1年半前、14歳の時に病気で亡くなった妹からのものだった。 彼女は生前、「16歳のクリスマスに欲しいプレゼントがある」と言っていた。 今年がその「16歳のクリスマス」に当たるのだ。 約束を守って欲しいという妹のメールに、浩司と幼なじみの美月は応えられるのか?

    第3回ゲーム小説大賞特別賞、第1回ひと駅Novelコンテスト佳作をいただきました。 色々なジャンルに挑戦したいと思っていますので、お楽しみいただけると幸いです。

読者賞:5万円

  • クリぼっちじゃないよ

    クリぼっちじゃないよ

    いつもと変わらない日常は、徐々に壊れていった。 ——みんなが、おかしい。 なぜ嘘をつくんだ? そんな中で、夜太郎は「ある都市伝説」の存在を知る。 ——参詑。 誰が参詑なのか。みんな、参詑なのか? 嘘つきは、誰だ。 暖かな雰囲気に包まれるクリスマスに、嘘に追い込まれる高校生がいた。 視点を変えるだけで、嘘も変わっていく。 あなたも絶対、騙される。 読み切りミステリーホラー、ここに爆誕。

    いつもと変わらない日常は、徐々に壊れていった。 ——みんなが、おかしい。 なぜ嘘をつくんだ? そんな中で、夜太郎は「ある都市伝説」の存在を知る。 ——参詑。 誰が参詑なのか。みんな、参詑なのか? 嘘つきは、誰だ。 暖かな雰囲気に包まれるクリスマスに、嘘に追い込まれる高校生がいた。 視点を変えるだけで、嘘も変わっていく。 あなたも絶対、騙される。 読み切りミステリーホラー、ここに爆誕。

    きしね りよです よろしくお願いします 岸で限界ギリギリな感じで作品を作っております

総評

この度は第3回ゲーム小説大賞にご応募いただきありがとうございました。
クリスマスという誰もが知るイベントを、様々な視点から切り取った秀作が集まり、とても楽しく読ませていただきました。
今回も、別枠で特別賞を設けさせていただくことといたしました。

大賞作品は、Too Funk To Dieさんの『サンタちゃんはなまけたい!』を選出させていただきました。
設定もさることながら、キャラクター描写がとてもうまく、セリフの掛け合いが魅力的な作品でした。
ギャグのセンスも秀逸であり、満場一致で大賞となりました。

特別賞は、澤井 軽野さんの『妹は最期に何を望んだか?』を選出させていただきました。
王道的なストーリーではございますが、キャラクターの心情をしっかりと描写できており、感情移入されられる作品でした。
後半にかけての盛り上がりと、読んだ人を感動させる力は見事でした。

読者賞は、夜来夢遊さんの『クリぼっちじゃないよ』となりました。
面白い設定を、読みやすく上手な文章でつづっており、読者の支持を勝ち得ることができました。
作品から出る雰囲気も目を引くものがありました。

その他、今回は枠の都合で惜しくも選出できませんでしが、

  • シンプルな設定ながらも没入感の高い西瓜頭さんの『ホーリーナイト・ルサンチマン』
  • 着眼点が良く、アイデアを上手く作品に昇華したオカリさんの『ホールセール・マーケット!』
  • 丁寧なキャラクター描写でほっこりする話を描いた士郎さんの『幸せのホールケーキ』
  • 見事な構成で心温まる話を完成度高く仕上げたりるかさんの『一生分のクリスマスをあなたに』
  • 個性的なキャラクターで大喜利のような読後感を与える要 九十九さんの『サンタ遅刻するってよ』

等が最終候補に挙がりました。

大賞及び特別賞を受賞した二方には、公式タップライターとしてオリジナルイラスト付きの公式作品を発表できる機会を提供いたします。

また次回のコンテストでお会いできることを楽しみにしております。

ページTOPへ