切ないのおすすめゲーム小説一覧

  1. さよなら、あした生まれるから

    さよなら、あした生まれるから

    坂井とーが

    弟が生まれたら、お兄ちゃんとはもう会えない7才のみゆは、弟の誕生を楽しみにしていた。でも、弟が生まれる前の日には、お兄ちゃんとお別れしなければならない。笑顔で手を振る。もう二度と会えないから――

    ファミリー

    • 4,485Tap
    • 1
    • 19
  2. オヤジとオンナのスレチガイ

    オヤジとオンナのスレチガイ

    小松朋喜

    イクべきか❤イカないべきか💀それが問題だ…さえないオヤジが一回り以上も離れた若い女の子にデートに誘われた。 オヤジのバカバカしい奮闘劇。

    コメディ

    • 143,793Tap
    • 62
    • 96
  3. 幸せを届けに。

    幸せを届けに。

    立坂雪花

    「小説に書かれた日、」つきちゃん編 クリスマスの日だけ、僕は地上に戻れる事になった。大切な人達に幸せを届けたい。 ずっと残る形で、彼女たちが辛い時に見たら元気がでるようなプレゼントを。 様々な気持ちが交差して…。 第3回大賞予選通過した作品「小説に書かれた日、」のつきちゃん物語編です。 この子達は、どんな風にすれば1番幸せになれるのか…書いた後に悩み…幸せってなんだろう?

    ファンタジー

    • 4,014Tap
    • 8
  4. 解けない呪い

    解けない呪い

    朝永ゆうり

    私がかかってしまったのは、「好き」と言えない呪い「『好き』だなんて言えないよ。だって私は……」     “「好き」と言えない呪い”にかかってしまったヒロイン・三好伊沙(ミヨシイサ)は幼馴染の“りく兄”こと望月理久(モチヅキリク)に想いを寄せ続けて25年。恋人がいない伊沙は、30歳手前にして母親からお見合いを薦められてしまうが……                ──伊沙にかけられた“呪い”は、どうやって解ける?

    恋愛

    • 15,604Tap
    • 1
    • 26
  5. 小説に書かれた日、

    小説に書かれた日、

    立坂雪花

    謎の本が届いた。書かれているのは最初の1ページだけクリスマスの1週間前、謎の本が届いた。 集合する時間と場所だけが書かれていて後は真っ白。 後に、その真っ白だったページは……。 幸せになってほしいからささやかなプレゼントを贈ります。

    ファンタジー

    • 14,929Tap
    • 4
    • 24
  6. この手紙がどうかあなたの元へ

    この手紙がどうかあなたの元へ

    南実花

    手紙風に進むミステリーこの物語は全て手紙で進んで行きます。 主人公の人生史上、最大の思い出話 少し鳥肌たってくれたら、本望です(^^)

    ミステリー

    • 2,073Tap
    • 10
  7. 死神と最後のバースデーケーキ

    死神と最後のバースデーケーキ

    朝永ゆうり

    妹の誕生日ケーキを焼くのは、これで最後だからどんよりとした曇り空の日。 それは、カスミが両親を失った日を思い出させる。 そんな日の学校帰り、カスミの前に突然現れた“死神”を名乗る男性。 「貴女を迎えに参りました」

    ヒューマン

    • 5,466Tap
    • 4
    • 14
  8. サンタクロースの心臓を君に

    サンタクロースの心臓を君に

    坂井とーが

    天才外科医×連続殺人事件7年前のクリスマスから、毎年起きる猟奇殺人。子どもの心臓を抜き取って殺害するという残忍な手口が、世間を震撼させている。そのターゲットの年齢は、1才、2才、と年ごとに大きくなっていた。今年のクリスマスには、8才の子どもが殺されるのか?

    ミステリー

    • 11,431Tap
    • 3
    • 26
  9. 妹は最期に何を望んだか?

    妹は最期に何を望んだか?

    澤井 軽野

    亡くなった妹からメール。欲しかったプレゼントとは?クリスマス前に浩司の元に届いたメール。 それは1年半前、14歳の時に病気で亡くなった妹からのものだった。 彼女は生前、「16歳のクリスマスに欲しいプレゼントがある」と言っていた。 今年がその「16歳のクリスマス」に当たるのだ。 約束を守って欲しいという妹のメールに、浩司と幼なじみの美月は応えられるのか?

    ヒューマン

    • 15,034Tap
    • 2
    • 28
  10. やり直せ、さよならを。

    やり直せ、さよならを。

    スネ夫

    「死んだ誰かの幽霊に会える」 そんな噂話を聞いてからというもの、 星川は渋谷に足繁く通っていた。 そうして訪れた何度目かの折。 謎の少女は彼に、こう言った―― 「やり直すんです、さよならを」

    ヒューマン

    • 2,321Tap
    • 3
    • 8

もっと見る11~20件を表示(全36件)

ページTOPへ