私は怪人

エピソード

最初から読む

コメント

  • 主人公は、悪を根絶やしにする正義のヒーローではなく、怪人の能力を才能と捉え、あくまで人の道から外れた者だけを嫌う。つまり、姿形はどうあろうと人は人なのだという強いメッセージ性を感じました。
    が、同時にタイトル「私は怪人」とあるように、どこかで人外の部分を自覚してしまっている部分が切ない気もしました。

  • マキさんの人間としての精神力、怪人としての哲学はとても魅力的ですね。自分のふるまい一つで、自分が属する人種の印象を左右するという点もとても共感しました。海外に住んでみて、日本人は礼儀正しいという印象を多くの外国人が持っていることをしり、それは何十年も前に海外に移住した日本人の方々の功績でもあると思いからです。

  • 怪人は才能。心に響きました。どんな環境におかれても、自分がそれをどう受け止めるかで全然変わってくる。
    …続編が読みたい。

  • 見た目が例え怪人になったとしても、心が人間であり続ければきっと人間でいられる気がするなぁ。
    人と違った能力を持つって、それだけ責任があるとも私は思います!

  • マキさんの変身後の見た目の怖さと人間のときの見た目のギャップにやられ、さらに信念もかっこよすぎて惚れました。今後も目が離せなくなりそうです。

タップライター

杉本太祐

働きながら、映画脚本や朗読脚本を書いて生きています。 ------------------------ 第1回『キュンとする話』コンテスト → 「キュン」のためには『準備と練習』予選通過 ------------------------ 基本はコメディ系書きつつ、各コンテストに挑戦中。

同じタップライターが執筆したゲーム小説

このゲーム小説が好きな人におすすめ

ページTOPへ