カラフル・スクランブル

エピソード

最初から読む

コメント

  • 私はずっとなりたい自分を押し殺して生きてきました。家族や友達、周りの期待に押しつぶされそうになって…。きっと主人公の水瀬も同じように苦しかったんだろうと思うと、胸が苦しくなりました。
    心情表現が巧みで、物語に入り込むことができたので、深い感動を味わうことができました。
    素晴らしい物語を読ませていただき、ありがとうございます。受賞、本当におめでとうございます!

  • 受賞おめでとうございます。
    ほっこり温かな終わり方なのに、なぜか、なんだか泣きたくなりました。
    すてきな物語をありがとうございました。

  • 最優秀賞おめでとうございます!✨
    ノイズやストレスを表しているはずのグシャグシャエフェクトでさえ、少しの心の変化でカラフルになる可能性を秘めているように見えて素敵でした
    地に足のついた本文はもちろん、多様性が入り乱れる渋谷を『カラフル・スクランブル』と表現したタイトル、この作品を「二人の少女の物語」と表現したイントロまで含めて、テーマを鮮やかに描いていてとても良かったです

  • 自分らしくいられる……、そう思ってもいいのかなと思える素敵な作品でした。
    難しいテーマでしたが、限定された文字数の中で演出を上手く利用されていて、タップノベルで物語を書く側の感想としても凄いなぁと感じました。

  • とかく人が集まる場所=多様性、ですね。
    いわゆる「世間一般の“普通”」から外れたとしても、ありとあらゆる人が集まる渋谷からすれば「違うのが“普通”」であり、だからこそ逆に安らぎを与える…
    個人的に観光地などの人ゴミは苦手ですが、同時に違う捉え方もあるんだな、としみじみ思いました。
    白いグチャグチャエフェクトによる感情の「間」が、そう思わせたのかもしれません。
    素敵なお話でした☺︎

タップライター

bisuko

2022年2月〜創作開始。絶妙な距離感や心の動きが感じられるお話が好きです。舞台が終末世界だとさらに好み。自分もそんな作品が作れたらなぁと思います。 ひと駅Novelコンテストで『カラフル・スクランブル』が最優秀賞を受賞。長編化に向けて準備中。『霊媒師恋愛奇譚』を現在連載中です。

同じタップライターが執筆したゲーム小説

このゲーム小説が好きな人におすすめ

ページTOPへ