小説家のおすすめゲーム小説一覧

  1. 文豪は遠い地平の夢を見るか

    文豪は遠い地平の夢を見るか

    澤井 軽野

    文学同好の士に捧ぐる書也(中身は意外と普通です)美麗な背景をふんだんに用いた本作は、文学同好の士に奉ずるものである。芸術と生活の相克、自嘲と倦怠からの脱却を主題とし、小説家と女学生の恋愛を取り扱った本作の実験的構造は、純文学と大衆文学のアラベスクを描き出すであろう。なお、作中における朗読は、全て本作のための書き下ろしによるものである。【意訳:中身は意外と普通な、小説家と女子大生のラブストーリーだよ!朗読シーンあり。背景だけでも見ていってね!】

    恋愛

    • 14,929Tap
    • 1
    • 27
  2. 海の中、ふたり。

    海の中、ふたり。

    結丸

    言葉の向こうへ。出版社に勤務している千歳光記は、念願叶って憧れの小説家・飛鳥馬 凌(あすま りょう)の担当になった。 だが、飛鳥馬の周りには常に女性の影が絶えず、光記は落ち着かない。 見かねた光記は飛鳥馬に忠告するが、それを逆手に取って飛鳥馬は光記に“とんでもない提案”をする。

    恋愛

    • 6,065Tap
    • 1
    • 16
  3. ゴースト・ライター〜幽霊作家は憑かれてる〜

    ゴースト・ライター〜幽霊作家は憑かれてる〜

    らららコーポレーション

    少年は故郷を捨て、自らを発見する田村祭は、霊能力者「イタコ」の家系である。 祭は、古臭い慣習に縛られた故郷から飛び出し、東京で小説家として細々と暮らしていた。 小さな出版社だが新人賞をとり、なんとか小説家デビューを果たした祭であったが、スランプに陥ってしまう。 そんな時、祭は自分の「イタコ」としての能力を使って小説を書くことを思いつく。 高名な過去の小説家の霊を自らに降ろし、小説を書いてみることにしたのだった。 しかし…

    コメディ

    • 862Tap
    • 3
  4. 小さな弁当屋~売れ残りには福がある~

    小さな弁当屋~売れ残りには福がある~

    Akiyu

    なぜ女は、彼らに弁当を無料で提供するのか。小さな弁当屋を営む一人の女店主がいた。女店主は、なんとか自分が食っていける程度のギリギリの売上で細々と経営を続けていた。しかし女は、食べていくだけの経済力のない人間に無料で弁当をあげているのです。 ホームレス、売れない作家、売れない役者、売れない映画監督。 なぜ女は、彼らに弁当を無料で提供するのか。

    ヒューマン

    • 577Tap
    • 1
    • 6

ページTOPへ