桜のおすすめゲーム小説一覧

  1. 「タップ&パズル」 ご注文はキララですか?

    「タップ&パズル」 ご注文はキララですか?

    鷹志

    タップしてパズルを解いて、クリアを目指せ!キララ「パズルゲーム『タップ&パズル』へようこそ! あなたの頭脳と知識、そしてタップで、問題を解いてゲームクリアを目指してください。一話完結型なので、お好きな問題からどうぞ」

    歴史

    • 6,200Tap
    • 1
    • 37
  2. 小倉さん家のアメリアちゃん

    小倉さん家のアメリアちゃん

    ましまる

    日本文化、べんきょーしてマス小倉家長女・千早(米在住)は現地の友人の妹・アメリアを連れて帰国予定だったが、諸般の事情でアメリア1人が来日することに。 突然お世話をすることになった小倉家の母・香子と次女・若菜はアメリアの素直な性格に目を細めていたが、彼女に日本語を教えたのは、小倉家のトラブルメーカーにしてアレな性格の千早なので…… そんなアメリアと小倉家の異文化交流は果たして?

    ファミリー

    • 10,769Tap
    • 3
    • 12
    サウンド
  3. 冬が溶けて、春が咲く。

    冬が溶けて、春が咲く。

    立坂雪花

    未来の誰かに、届けたい言葉はありますか?青春友情幼なじみの玲奈と喧嘩したまま、もう卒業したら会えなくなっちゃうのかな?って思っていたけれど……。 小さい頃はすぐに仲直り出来たのにね。 10年後ロケット、それは未来の誰かにメッセージを届けるサイト。 未来の誰かに、届けたい言葉はありますか? ほっこり青春友情ストーリー。 北海道のある高校でのお話。 ご卒業おめでとうございます。 素敵な人生になりますように✨

    学園

    • 4,860Tap
    • 1
    • 11
  4. 桜の下の恋人たち

    桜の下の恋人たち

    都麻(とま)

    あるケンカップルの、切ないワンシーン。桜の名所にやってきたトオルと菜乃花。 やたらと不機嫌なトオルに、菜乃花はある提案をする。 ある恋人たちの、切ないワンシーン。

    恋愛

    • 1,318Tap
    • 1
    • 8
  5. 夏に咲く

    夏に咲く

    茶団子

    一途な恋の物語私、野々瀬咲は、担任の陽葵先生が大好き!毎日告白するもはぐらかされてしまう…そんなある日屋上に行くと…?

    恋愛

    • 4,141Tap
    • 1
    • 6
  6. 笑葬

    笑葬

    星谷光洋改め、『天巫泰之』

    奇想天外な葬儀桜の花が甲信越の地を、薄紅色に染めあげた頃、円山の訃報をうけとった。春は彼の一番好きな季節だった。 桜の花が甲信越の地を、薄紅色に染めあげた頃、円山の訃報をうけとった。春は彼の一番好きな季節だった。 連絡をうけたのは、ホ―ムセンタ―での仕事を終えたあと、自宅でくつろいでいたときのことだった。北海道に住む高校時代の旧友である竹原から、円山が今朝、糖尿病が悪化して、突然亡くなったと知らされたのだ。

    ヒューマン

    • 1,249Tap
    • 1
    • 4
    サウンド
  7. 桜の木の下で

    桜の木の下で

    ハスキ

    桜の木の下でまた会おう咲也は一人、道を歩いていると、 どこからともなく花びらが飛んできてふと顔を上げる。 ああ・・またこの季節が来たのか。 忘れられない、あいつと出会った季節が⋯ ちょっと不思議なショート恋愛ストーリー

    恋愛

    • 750Tap
    • 3
    サウンド
  8. あの日の桜

    あの日の桜

    貴志砂印

    卒業間近の男女にある気持ちの結末。卒業式が近付き、幼き頃から親しい二人にも、避けられない日が訪れる。桜が見えるこのバス停で、将来を考えもしてなかった人、何かを考えていた人、互いの気持ちは、どこに向かうのだろうか。

    恋愛

    • 9,909Tap
    • 2
    • 10
    サウンド
  9. 春を想う

    春を想う

    冬木柊

    春の出逢いと別れ春、それは別れと出逢いの季節。 春に出逢った二人の別れの春の物語。

    職業

    • 4,233Tap
    • 1
    • 16
  10. 遅咲きの桜

    遅咲きの桜

    6Bえんぴつ

    つづきは、どうぞあなたが思うストーリーで彼女のへの思いは恋なのか、愛なのか、それとも・・・。 

    恋愛

    • 531Tap
    • 2
  11. 恋のつぶやき

    恋のつぶやき

    星谷光洋改め、『天巫泰之』

    桜の橋渡し一人、諏訪神社の境内で咲いている桜をながめていた。 桜の花びらが、風に吹かれるたびに潔く散っていく。千佳への思いがつのるぼくにとって、その執着がないようにみえる桜の舞が、どこかうらやましくも思えた。

    恋愛

    • 852Tap
    • 5

ページTOPへ