ヒナタクチ(hinatakuti)

プロのタップライター目指しています!Twitterやコミチで漫画やイラストを描いています(^^)
インスタにはリールに音楽付きtapnovelを載せています

  • ファン
    2

ヒナタクチ(hinatakuti)が執筆したゲーム小説一覧

全9件中 1~9件を表示

  1. ゴーストライターは死刑囚!?現在逃走執筆中

    ゴーストライターは死刑囚!?現在逃走執筆中

    99%貴方も牢屋にブチ込まれる可能性大日本で話題の作家東街エリ子の秘密。それは死刑囚のゴーストライターアンリ・デルタと合作で執筆をしていた事。編集長と担当編集は東街エリ子にその事実を伝えられ驚愕する。そしてアンリが裁判にかけられた理由は想像を絶する理不尽だった。 .何故アンリは逃亡しつつも作品を書くのか .某国の表現規制主義者の目的は何なのか 謎が謎を呼ぶ表現の自由をテーマにした問題作が登場。

    社会派

    • 9,048Tap
    • 1
    • 16
  2. レンタル彼氏と彼氏いない歴18年のカノジョ

    レンタル彼氏と彼氏いない歴18年のカノジョ

    恋愛

    • 3,739Tap
    • 12
  3. 大学デビューした幸平くんは変わらない

    大学デビューした幸平くんは変わらない

    中学校時代仲良かった君がイケメン大学生になった

    恋愛

    • 4,833Tap
    • 8
  4. 昊天は何がしたいの?

    昊天は何がしたいの?

    「知らないふり」を何千年続けて失ったモノは数知れず仙人と仙人の分身さんに育てられた子ども達の対立の話

    ファンタジー

    • 246Tap
    • 5
  5. 吸血鬼〜ストリゴイ〜を追った末路

    吸血鬼〜ストリゴイ〜を追った末路

    予想外の展開、犠牲者は2名【ストリゴイ】燃える様な真紅の髪を持ち、サファイアの様な蒼い眼をしているルーマニアの吸血鬼。長年趣味でオカルト研究をしている大学教授のミハイは妻と一緒にとあるレストランで食事をしていた。ふと隣の席を見た時、会いたいと願ってやまなかった美しいストリゴイ、ヴァシルと出会う。居ても立っても居られないミハイはヴァシルを追ったのだが...

    ホラー

    • 1,389Tap
    • 7
  6. 児童養護施設の先生が🐇バニーボーイとしてカジノで働いていたなんて

    児童養護施設の先生が🐇バニーボーイとしてカジノで働いていたなんて

    先生の本当の顔はどっちだ

    バトル

    • 1,419Tap
    • 1
    • 1
  7. Tapで謎解き!! in渋谷

    Tapで謎解き!! in渋谷

    新感覚推理TapNovelが渋谷を舞台に新登場高校生のミヤコは大学生の兄、トシに会いに初めて渋谷に来た。ところが兄から謎のメッセージが届いた。 『人が交差する場から近いところで忠犬の如く待つ』 『かつてワシントンの丘だった場所で温かい犬を売ってる場所で待ってる』 ミヤコはトシに会いにとある場所に向かった。 問題:この兄妹はどこで待ち合わせしているのでしょうか? 是非コメントで回答してください!

    ミステリー

    • 5,383Tap
    • 1
    • 13
  8. 私だけのサンタさん

    私だけのサンタさん

    サンタがいないのならアタシが朱音のサンタになるよ「サンタなんて貧乏なうちに来ないよ...」 小柄な割にブカブカなお古のジャケットを着ている幼なじみの朱音はボソッとつぶやいた。 その言葉はケーキとプレゼントを楽しみにしている自分にとってなんだかグサッと胸を刺された気分だった。でもそれ以上に幼なじみの辛そうな我慢している様な顔を見るのがすごく嫌だった。 その日の帰りの晩、アタシは幼なじみのサンタになろうと決めた。

    恋愛

    • 934Tap
    • 10
  9. マーブルライフ(試作版)

    マーブルライフ(試作版)

    ~地図にのっていない風変わりな国での日常生活~日常に退屈していた中学生の猫萩鈴はある日怪しい外国人に誘拐されてしまった。人身売買されそうなところをアラムという少年が助けたのだがアラムが連れて逃げた先は「選ばれたモノ」だけが入ることができる未承認島国国家「マーブル」 だった。 法律により鈴は日本に直ぐに帰国することができなくなってしまいそれを見て責任を感じたアラムは島のトップにお願いして半年後の出国許可試験までアラム達とルームシェアすることに。

    ファンタジー

    • 692Tap
    • 1
    • 4

ページTOPへ