怪しき人びと

エピソード

キャラクター

  • ボク(怪人態)
    ボク(怪人態)

    怪人と怪人との子供。発火能力を持つ。
    普段は人間の子供に成りすましているが、本性を顕にすると圧倒的な力を発揮する。

  • ボク(人間態)
    ボク(人間態)

    「ボク」の人間としての姿。人間の小学生に擬態している。

  • オカアサン
    オカアサン

    ボクの母親。怪人。
    組織の作戦で多数の人間を手にかけた過去を持つ重罪人。今は姿を人間に変えているが、時たま怪人としての力を振るいたいという願望が抑えきれなくなる。

  • オトウサン
    オトウサン

    ボクの父親。
    かつての「組織」では幹部候補に選出される程のやり手の怪人だった。
    自らの手を汚さない卑劣な作戦を検討し続け、そのせいで多くの部下怪人を失っているが、当の本人は全く悪びれていない。

  • 不審な男
    不審な男

    不審な言動をする男。

  • オカアサン(怪人態)
    オカアサン(怪人態)

    ・オカアサンの怪人としての姿。

  • オトウサン(怪人態)
    オトウサン(怪人態)

    オトウサンの怪人としての姿。致死量の猛毒を相手に付与する事ができる。

最初から読む

タップライター

筒ヶ奈久

「つつがなく」と申します。 素敵な作品を、描いていければいいなと思います。 よろしくお願いします。

このゲーム小説が好きな人におすすめ

ページTOPへ