異常のおすすめゲーム小説一覧

  1. 殺人の衝動-高校生・来栖秀俊の場合-

    殺人の衝動-高校生・来栖秀俊の場合-

    YO-SUKE

    人を殺したい少年。人を殺させたい少女。高校生の来栖(くるす)は、幼いころから殺人衝動を抑えて生きてきた。しかし同級生を事故に見せかけて殺したことで、人を殺す快楽に魅せられてしまう。罪の意識に苛まれつつも、誰かを殺したくて仕方ない来栖。そんな来栖に同級生の菜々子が声を掛ける。菜々子は静かに笑いながら、一緒に誰かを殺そうと提案するのだった。

    ホラー

    • 10,346Tap
    • 29
    • 7
    サウンド
  2. せめてマトモに拒否されたいエプォパ信者の勧誘日記

    せめてマトモに拒否されたいエプォパ信者の勧誘日記

    東龍ほフク

    普通に宗教の勧誘させて下さいよ?!エプォパ教の勧誘のため、団地のピンポンを押す信子だったが─? ……え?何?変な人ばっかに当たるんですけど……?! 「実際にこう言ったら、こういう感じで応対してやりてぇなぁどうなるんだろうなぁ」というストレス解消の元に作られました。 出てくる単語は、全てノリと適当です。1話完結なので、よろしかったらどこからでもドウゾ〜

    社会派

    • 5,882Tap
    • 5
    • 44
    サウンド
  3. ダーク・ボール~狂気のGM~

    ダーク・ボール~狂気のGM~

    YO-SUKE

    そのGMは必ず球団を優勝させる。どんな手を使っても弱小プロ野球球団のライナーズSに、謎の男・花ケ崎がGM(ゼネラル・マネージャー)として就任する。花ケ崎は次々とチーム改革を断行し、戦績を上げていく。しかし、キャプテンの清宮は、彼の”裏の顔”を見てしまう。花ケ崎は買収から恐喝、果ては誘拐まで、勝利のためなら手段を選ばない狂気の男だったのだ。

    ホラー

    • 12,182Tap
    • 12
    • 20
    サウンド
  4. 狂おしいほど熱せられ

    狂おしいほど熱せられ

    穂橋吾郎

    体温上昇が止まらない病。熱せられた愛は狂気にも似て一日に0.1℃体温が上がる奇病〈高温症〉に感染した理沙。治療法のない病を前に、恋人の満は寄り添うことしかできなかった。そんな二人の前に〈低温症〉の男・坂本が現れ、理沙と坂本が一定時間触れると体温が正常に戻ることが判明する。安堵する理沙だったが、満は徐々に坂本への嫉妬を募らせ、やがて狂気へ落ちていく。

    恋愛

    • 40,902Tap
    • 17
    • 33
    サウンド

ページTOPへ