愛天使世紀 ウェディングアップル

ウェディングアップル・シナリオ制作チーム

第44話 初恋を守れ!②(脚本)

愛天使世紀 ウェディングアップル

ウェディングアップル・シナリオ制作チーム

今すぐ読む

愛天使世紀 ウェディングアップル
この作品をTapNovel形式で読もう!
この作品をTapNovel形式で読もう!

今すぐ読む

〇けもの道
  楽屋から出てきたカイは、森の中に人影を見つけて立ち止まった。
海老原カイ「・・・おぞましい愛の波動を感じる」

〇けもの道
純田唯「章介くん、私に呆れちゃったのかな・・・」
海老原カイ「こんにちは、お嬢さん」
純田唯「あなたは・・・?」
  カイは唯の瞳からこぼれた涙を、そっと指で拭った。
海老原カイ「貴方の涙は美しい」
純田唯「え・・・?」
海老原カイ「憂い顔のお嬢さん。 その涙の理由を伺っても?」
純田唯「・・・もうすぐ結婚式なのに、悲しいことがあって」
海老原カイ「・・・へえ、君、結婚をするの」
純田唯「はい。でも・・・」
海老原カイ「ハハハハ! 運命の巡り合わせだ、結婚目前の人に会えるなんて!」
純田唯「?」
海老原カイ「心の晴れない君に、僕が祝福のまじないをしてあげよう」
  カイは唯の持つ小さな瓶を手に取り、キスをした。
  瓶の周囲から邪悪なオーラが漂う。
純田唯「今、何を?」
海老原カイ「僕のまじないは特別だよ。きっと君の結婚式は『美しい』ものになる」
純田唯「祝福のおまじない・・・」

〇けもの道
  カイに手を振りながら去っていく唯。
海老原カイ「ふふ・・・祝福のまじない、か。 上手く言ったものだ」
海老原カイ「誓いのキスと共に、僕の埋め込んだ悪意が大きく芽吹く・・・結婚式は破壊され、『美しく』散る!」
海老原カイ「ハハハハッ! その時、君はどんな悲しく美しい涙を流すのだろうね!」

〇けもの道
  林檎は思い出のライラックを探して森の中を歩いた。
  ポケットからスマホを取り出して時間を確認する。
朝陽林檎「そろそろ戻らなくちゃ・・・ライラック、どこにあるんだろう?」
  スマホをポケットに戻す林檎。
  そのとき、クローバーのキーホルダーがスマホから外れて草むらに転がった。
  林檎はそれに気づかないまま、森の中を引き返した。

〇田舎の教会
  ドレス姿で座る結の元に、タキシード姿の章介がやってきた。
生井章介「よかった。式の準備は出来てるみたいだね」
純田唯「・・・でも、見つけられなかった」
生井章介「ライラックのことは、今は忘れよう。 今日の思い出が悲しくなっちゃうだろ」
純田唯「・・・うん」
生井章介「納得できないって顔してるな・・・式までには、気持ち切り替えてくれよ」
純田唯「・・・・・・」
朝陽林檎「ごめんなさい。ライラックの花、見つけられなくて・・・」
純田唯「ううん、10年前のことだもん。こんなに探してないなら・・・あの木はもうないのかも」
朝陽林檎「そんな」
純田唯「大丈夫。 祝福のおまじないもしてもらったし」
朝陽林檎「おまじない?」
純田唯「切り替えなくちゃ。章介くんが言うように、今日は幸せな結婚式なんだから」
朝陽林檎「唯さん・・・」
朝陽林檎「あのね、唯さん。これからお二人が愛を誓う庭園、クローバーがたくさん生えてましたよ」
純田唯「え?」
朝陽林檎「クローバーの花言葉は『幸福』に『約束』。だから絶対、幸せな結婚式になります!」
純田唯「林檎さん・・・ありがとう」

〇養護施設の庭
  教会前の美しい庭園で、唯と章介の結婚式が始まった。
  二人を祝して招待客たちの声が上がる。
スタッフ「誓いのキスが終わったら、招待客様の誘導お願いしていいですか?」
朝陽林檎「かしこまりました!」
朝陽林檎「黒岩さん、どこにいるんだろう。 メールくらいしてくれればいいのに」
  スマホを取り出してメールを確認する。
  そこには、ぶら下げていたはずのクローバーのキーホルダーが無かった。
朝陽林檎「!? どうして・・・」
神父「病めるときも、健やかなるときも・・・」
朝陽林檎(どこに落としたんだろう? 探したいけど・・・)
  顔をあげると、神父の前で誓い合う唯と章介の姿があった。
朝陽林檎(ううん、やっぱりダメ。 唯さんの結婚式を離れるわけには)
神父「では、誓いのキスを──」
  唯と章介が誓いのキスをする。
  その瞬間、唯の持つ瓶から邪悪なオーラが放出した。
  膨れ上がったオーラは、見上げるほど巨大な魔霊に変貌する。
瓶魔霊「ラッラッラ! 永遠の愛なんて、干からびてカラカラに枯れろラック~!」
朝陽林檎「!? 魔霊!!」
純田唯「きゃああ!」
生井章介「ライラックの瓶が!?」
  混乱して逃げ惑う招待客たち。
  教会は急いで柱の陰に隠れると、変身の呪文を叫んだ。

〇水玉2
朝陽林檎「マニフェステイション・オブ・ラブリ ィ・エンジェル・アップル!」

〇コンサート会場

このエピソードを読むには
会員登録/ログインが必要です!
会員登録する(無料)

すでに登録済みの方はログイン

次のエピソード:第45話 初恋を守れ!③

コメント

  • 変身呪文を叫ぶシーンで「林檎は柱の陰に・・・」というところが「教会は」になってます

ページTOPへ