愛天使世紀 ウェディングアップル

ウェディングアップル・シナリオ制作チーム

第11話 憂いの旋律マリッジブルー②(脚本)

愛天使世紀 ウェディングアップル

ウェディングアップル・シナリオ制作チーム

今すぐ読む

愛天使世紀 ウェディングアップル
この作品をTapNovel形式で読もう!
この作品をTapNovel形式で読もう!

今すぐ読む

〇空
バビルン「どこだぁ、愛天使!」
  バビルンは傷ついた体に鞭打って、街の上空から人間界を偵察していた。
バビルン「あ・・・」
  しかし途中で力尽き、バビルンは地上へと真っ逆さまに落ちていく。

〇郊外の道路
バビルン「・・・・・・」
黒岩優斗「ウサギ? ・・・傷だらけじゃないか」
  バイクで通りかかった優斗は、バビルンを上着でくるんで抱き上げた。
朝陽林檎「バビルン!? どうして・・・!」
黒岩優斗「バビルン? お前のペットか?」
朝陽林檎「そうよ」
黒岩優斗「・・・はぁ。ペットならちゃんと紐で繋いでおけよ、バイクで轢いちまったらどうするんだ」
朝陽林檎「あ、あのねえ、あなたってどうしていつもそんな言い方──!」
  言いかけた途中で、林檎はバビルンを包んでいる上着に気づいた。
朝陽林檎「もしかしてこの上着・・・」
黒岩優斗「俺のだよ。こいつがこれ以上傷ついたらかわいそうだろ」
朝陽林檎「! ・・・あ、ありがとう。 優しいところもあるんです・・・ね」
黒岩優斗「ん? 急になんだ? 気持ち悪いな」
朝陽林檎「これ返します! さよーならっ!」
  林檎は優斗に上着を突き返すと、バビルンを抱いて去っていった。
黒岩優斗「?? あいつ、なに怒ってんだ?」

〇可愛らしい部屋
バビルン「・・・・・・」
朝陽林檎「バビルン、早く元気になって・・・」
  林檎の目から、涙の滴がポタリとベッドに落ちる。
  涙を拭いながら、林檎はふと泣きながらピアノを弾く音葉の姿を思い出した。
朝陽林檎「音葉先生・・・マリッジブルーか。 どうしたら元気になってくれるんだろう?」

〇ウェディングドレスショップ
霧乃あやめ「どのドレスもお似合いですよ」
柊音葉「ええ。ねえ、響介さんはどれが・・・」
  音葉が恋人の田中響介(きょうすけ)に尋ねると、彼は眠たげにあくびしていた。
田中響介「ふわぁ・・・」
柊音葉「ねえ、聞いてる?」
田中響介「え!? うんうん、音葉の好きにしていいよ」
柊音葉「それじゃ困る。 悩んでるから意見を聞きたいのに」
田中響介「でもどれも似合ってるし・・・」
田中響介「俺のことは気にしないで、音葉の好きなものを選んでよ」
柊音葉「・・・・・・」

〇結婚式場前の広場
  ドレスショップを出てから足早に歩いていく音葉を、響介は慌てて追いかけた。
田中響介「音葉? 急にどうしたの? 具合でも悪いの?」
柊音葉「そういうのじゃない」
田中響介「だったら何? ちゃんといってよ」
柊音葉「響介さん、忙しいのはわかるけど──」
田中響介「ふわぁ・・・」
柊音葉「・・・・・・」
田中響介「あ、ゴメン、最近残業続きで、こっちくるとき飛行機の中でも爆睡しちゃって・・・」
柊音葉「もういい」
田中響介「へっ?」
柊音葉「疲れてるならもうホテルに戻って休んだら? 私、具合悪いから帰る!」
田中響介「・・・・・・」
田中響介「なんだ、やっぱり具合悪かったのかぁ」

〇繁華な通り
  街中を駆けてきた音葉は、ふとガラス越しに楽器屋の中を眺めた。
  そこには、両親に囲まれて楽しそうにピアノを弾く少女の姿があった。
柊音葉「ふふ。私にもあんなときがあったな」
柊音葉「私の人生はいつもピアノと一緒だった」
柊音葉「でも結婚したらどうなっちゃうんだろう。今までみたいにピアノ弾けるのかな・・・」
  楽しげに歩く人々の中で、音葉の周りだけがぽっかりと空いていた──。

〇空
  ──その遥か上空。
  音葉の姿を見つめる邪悪な影があった。
ホーディ「決めたぞ、あいつを獲物にする」
ホーディ「心疲れた、孤独な女を!」

〇お花屋さん
  花屋の店内に、電話のベルが鳴り響いた。
苗場桜「はい、こちら苗場生花店です」
店主の声「もしもし、苗場生花店ですか?」
店主の声「急で悪いんですが、店に飾る切り花を届けて欲しいんです」
苗場桜「え? はい、わかりました・・・」
苗場桜「何よ、こんな時間にぃ」

〇レトロ喫茶
朝陽林檎「椿さん、いらっしゃいますか!?」
朝陽林檎「・・・あれ? 椿さんは?」
店主「椿ちゃんかい? 彼女なら辞めたよ。 今はこのホテルのバーで働いてるらしい」
朝陽林檎「辞めた~~~!?」

〇シックなバー
  キョロキョロしながらバーの店内に入ると、店の奥に椿の姿があった。
朝陽林檎「つ、椿さん、いたぁ~」
雪代椿「まあ林檎さん、いらっしゃい」
朝陽林檎「どうしてあのお店辞めちゃったんですか? あんなに楽しそうに働いてたのに」
雪代椿「あら、だってあのお店、カップルかお年寄りしか来ないのですもの」
雪代椿「その点、このバーなら、結婚式に参列する殿方や、一般利用の殿方と出会えますわ」
朝陽林檎「って、まさかそれだけのために?」
雪代椿「もちろんですわ。わたくしが働くのは、魅力的な殿方とめぐりあうためですもの」
朝陽林檎「は、はあ・・・」
朝陽林檎「あっ、そうだ。 椿さんに聞きたいことがあるの」

このエピソードを読むには
会員登録/ログインが必要です!
会員登録する(無料)

すでに登録済みの方はログイン

次のエピソード:第12話 憂いの旋律マリッジブルー③

コメント

  • ここの台詞回し好き

成分キーワード

ページTOPへ