ぺろしき

マイペースにやります!
キュンとする作品出せました。
やれば出来る子です。ただ、キュンとしなくて、何かムカつきます。絶妙にハラの立つシナリオを得意としています。

  • ファン
    4

    ぺろしきが執筆したゲーム小説一覧

    全6件中 1~6件を表示

    1. はじまりの街 渋谷

      はじまりの街 渋谷

      渋谷の街できみを見つけた誰にも必要とされない"私"が迷い込んだ街、渋谷。人々の往来に目を回し、未来も見えないまま、不安に時を過ごしている。日に日に募っていく、自分が不用品だという劣等感。折しも、不思議な少女に声をかけられ、運命が動き出す。

      ヒューマン

      • 21,700Tap
      • 13
      • 34
    2. 職業、サンタクロース

      職業、サンタクロース

      サンタクロースの最後のプレゼントいるのかいないのかわからないサンタクロース。そんなサンタクロースは、誰が為に生きるのか!? 舞台は現代からそう遠くない未来。"サンタクロース"は国策として認められ、子ども達は親ガチャに関係なく、クリスマスにプレゼントを入手できるようになった。 定年で無職となった初代サンタクロースは、どうにかして返り咲こうと、驚愕のプランを実行する。

      職業

      • 14,023Tap
      • 12
      • 39
    3. Piano Lesson

      Piano Lesson

      そのかたまりが泥だんごだって、誰が決めました?水崎かなで(35)は、ピアニストを引退後、ピアノ講師となった。だが、引退の原因となった「指が急に動かなくなる症状」が悪化し、完全引退を決意する。そんな中、どうしても弾きたい曲がある、と爽やかな男がたずねてくる。成長と再生の物語。

      社会派

      • 12,118Tap
      • 5
      • 21
    4. 四字熟子

      四字熟子

      四字熟語を通して言語と文化を哲学するラブコメ国際外国語大学の助教・金田一三郎(さぶろう)の元に父からの手紙。なんでも、滞在先で懇意にしている家族の娘さんが留学するので、ホームステイさせて欲しいのだと。その娘、なんと『四字熟語』で会話する、世にも珍しい民族だった。崖っぷち言語学者である三郎の血が騒ぐ……!

      歴史

      • 68,002Tap
      • 15
      • 39
    5. 妻とパンスト

      妻とパンスト

      純愛・社会派バカミステリ(^^)田中しゅん(29)は結婚五年目。大学の同級生だった妻のさとみ(29)とはマンネリ気味である。 ある日、帰宅すると、さとみがパンストを被っていた。パンストをかぶっているので、さとみかどうかも、わからない。パンスト女の謎の行動に振り回されるしゅん。 しゅんは、さとみが狂ったのではないかと心配する。 気楽に読める、おバカなミステリです。

      ミステリー

      • 37,741Tap
      • 27
      • 43
    6. めぞん・ど・めぞん

      めぞん・ど・めぞん

      店子の部屋に勝手に入る、変態管理人のラブストーリーアパート『めぞん・ど・めぞん』管理人の工藤公一(19)の趣味は、仕込んだ隠しカメラで店子の部屋を覗くことだ。これは彼が亡き父から引き継いだ仕事でもある。覗いて何もしないのならば可愛いものだが、何かする。店子の生活リズムを正確に把握し、外出時に合鍵で侵入して、過ごす……つまりは変態だ。

      恋愛

      • 150,044Tap
      • 20
      • 51

    ページTOPへ