例え未来が終わろうとも

エピソード

最初から読む

タップライター

壱の人

2017年1月より、関西のゲーム製作会社にてソーシャルゲームのシナリオライターやプランナーを勤める。 その後、フリーランスとして独立し、シナリオライター兼スクリプターとして活動中。

このゲーム小説が好きな人におすすめ

ページTOPへ