モブ・ポリティクス【読切】

エピソード

キャラクター

  • 二郎
    二郎

    中学卒業後、土木会社に就職し、その後独立。会社経営者から天獄党代表にまで上り詰めた男

  • 秘書
    秘書

    二郎の秘書

最初から読む

コメント

  • 二郎さんのやり方もある意味グレートリセットのような発想ですね。ただ、こちらは本来の人間らしさや日本人らしさを取り戻す狙いがあり、痛みは伴うけれど信頼性あります。

  • 新しい発想を持つリーダーの誕生ですね。落とすとこまで一旦落としておいて再生を狙うとは、思いつきませんでした。戦後に著しく発展したように、今回も発展が望めそうな気がしました。

  • リーガルハイの古美門と読んで納得。もっとじっくり話してるようなイメージでしたが。キャラが面白くて、もっと読みたいと思いました。

タップライター

ShioSUN

部署異動になりゲームを作れなくなったポンコツクリエイターです。それでもやっぱりゲームが作りたいなと思ったのと会社が副業OKなので趣味でノベルゲームを個人作成していますがイラストや背景がなかなか揃わず難航中😅それに比べTapNobelはチャット感覚で作れるので、とても便利だと思いました。

同じタップライターが執筆したゲーム小説

このゲーム小説が好きな人におすすめ

ページTOPへ