だらだら学校奇譚

エピソード

キャラクター

  • 佐伯
    佐伯

    佐伯世那(15)

    椿高等学校
    1年 UFO研究会所属

    162㎝ 55㎏

    色々と夢見がちな生徒。テンションが高い。赤点常連。
    運動神経のみで高校に合格した。
    楽しいことが大好きだが、基本的にめんどくさがり。
    スイッチが入ると一気にやる気を出す。

    鳴門のことは、お坊ちゃん育ちの生温い人間だと思っている。

    レオのことは、鳴門を見てニヤニヤするタイプの変態だと思っている。

  • 鳴門
    鳴門

    鳴門義光(16)

    椿高等学校
    2年 UFO研究会部長

    175㎝ 58㎏

    金持ちの息子。
    寺生まれのTさんに憧れ、右隣の家のおじさんの奥さんの兄弟の息子の友達の家の隣に住む寺の住職に弟子入り(数日間お寺体験しただけ)し、霊媒師を志す。意外に常識人。

    礼央のことは、頼りになるがなんとなく怖いと思っている。

    佐伯のことは、馬鹿だけど運動神経抜群でいざとなったら頼りになると思っている。

  • 礼央
    礼央

    尾上礼央(15)

    椿高等学校
    1年 UFO研究会所属

    172㎝ 55㎏

    線の細いイケメン。
    鳴門とは左お隣さん。面倒見の良い性格。いつも何かやらかす鳴門をハラハラしつつ見守っている。隠れドS。

    鳴門の責められてるところを見ると、ついニヤニヤしてしまい、背徳感に悶えている。鳴門さんは可愛い。

    佐伯については、馬鹿で一言余分なトラブルメーカーだと思っている。

最初から読む

タップライター

ページTOPへ