面倒くさい作家

エピソード

キャラクター

  • ( ´Д`)
    ( ´Д`)

    売れないミステリ作家。理論より感覚を好む。
    過去に一作だけヒットしたが、それ以降は鳴かず飛ばずの一発屋。過去の栄光があるためプライドだけは高い。
    彼の描く小説は問題点が多い。なぜ小説家になれたのだろうか?

  • (,,゚Д゚)
    (,,゚Д゚)

    評論家気取りのオヤジ。理論を好む。
    短気で口が悪いが、人情家なのだろう。売れない作家の書いた話をしっかりと読んで問題点を洗い出してくれる。

  • マスター
    マスター

    喫茶店のマスター。
    喫茶店は趣味と税金対策を兼ねてのもの

  • 一見さん
    一見さん

  • 汚いおっさん
    汚いおっさん

    常連客。
    マスターは知っている。この男、トイレで用をたしたあと手を洗っていない。

最初から読む

タップライター

資源三世

コメディとアクション系が好きなタップライター見習いです。 伝わりやすい文章にするべく、文章を基礎から学び直し中。 コンテスト応募しつつ色々な作品にチャレンジして実力をつける所存です。 コラボコンテスト向けにコメディ2作品を作成中。

同じタップライターが執筆したゲーム小説

ページTOPへ